コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芥蔕 カイタイ

1件 の用語解説(芥蔕の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かい‐たい【××蔕】

《「芥」はからし粒、「蔕」は小さなとげの意》
胸のつかえ。わずかな心のわだかまり。
きわめてわずかなこと。
「―も親をおろそかにするかたちあるものは、果して賊子となる」〈神皇正統記・仁徳〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芥蔕の関連キーワード叉棘刺刺しい歯ブラシサナトロジー人ゲノムヒトゲノム国際機構乳房山ルンゲの規則

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone