コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芥蔕 カイタイ

デジタル大辞泉の解説

かい‐たい【××蔕】

《「芥」はからし粒、「蔕」は小さなとげの意》
胸のつかえ。わずかな心のわだかまり。
きわめてわずかなこと。
「―も親をおろそかにするかたちあるものは、果して賊子となる」〈神皇正統記・仁徳〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

芥蔕の関連キーワード悔・海・乖・介・会・偕・喙・回・塊・壊・壞・廻・快・怪・恢・悔・懐・懷・戒・拐・改・晦・會・械・楷・海・潰・灰・界・皆・絵・繪・芥・解・誡・誨・諧・開・階・魁賊子

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android