コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山路愛山 やまじ あいざん

9件 の用語解説(山路愛山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

山路愛山

史論家・評論家。東京生。名は弥吉。『国民新聞』の記者となり、のち民友社で史論・文学論を発表。その後も『信濃毎日新聞』の主筆となる等して発表を続けた。大正6年(1917)歿、54才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やまじ‐あいざん〔やまぢ‐〕【山路愛山】

[1865~1917]評論家。江戸の生まれ。本名、弥吉。「国民新聞」の記者、「信濃毎日新聞」の主筆を経て雑誌「独立評論」を創刊。独自の国家社会主義を主張した。著「足利尊氏」「社会主義管見」「現代金権史」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山路愛山【やまじあいざん】

明治の歴史家,ジャーナリスト。本名弥吉。旗本の家の生れ。1892年民友社に入り,《国民新聞》および《国民之友》誌上に文学論・史論を発表,文学の現世主義,世益論を主張して北村透谷と論争した。
→関連項目防長回天史民友社

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山路愛山 やまじ-あいざん

1865*-1917 明治-大正時代の史論家,評論家。
元治(げんじ)元年12月26日生まれ。幕臣の子。クリスチャン。「国民之友」などに史論を発表,北村透谷と文学論争をする。明治32年「信濃毎日新聞」主筆となり,36年「独立評論」を創刊。38年斯波(しば)貞吉らと国家社会党を結成,社会運動にもかかわった。大正6年3月15日死去。54歳。本名は弥吉。著作に「社会主義管見」「現代金権史」など。
【格言など】人品を拝まずして衣裳を拝むは人類の通弊なり(「明治文学史」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山路愛山

没年:大正6.3.15(1917)
生年:元治1.12.26(1865.1.23)
明治から大正にかけてのジャーナリスト,歴史家。本名は弥吉,愛山は号。幕府天文方見習山路一郎,けい子の長男として江戸に生まれる。維新後静岡に移転する。明治19(1886)年キリスト教に入信し,さらに22年上京して東洋英和学校に学ぶ。24年に創刊されたメソジスト派の機関紙『護教』の主筆として活躍すると同時に,25年徳富蘇峰の誘いに応じて民友社に入る。以後『国民新聞』『国民之友』に,平民主義の観点から史論を中心に次々と文章を発表。北村透谷文学論争を行う。30年2月民友社を退社するが,蘇峰とは生涯交遊があった。幕末維新期における長州藩の活動を記録する『防長回天史』の編纂に従事(1897~1899)。32年『信濃毎日新聞』主筆となり,多数の論説を発表した。36年『独立評論』を創刊。38年中村太八郎らと国家社会党を結成,普通選挙実施運動や東京市電値上げ反対運動に参加した。晩年は『源頼朝』(1909)や『徳川家康』(1915)など英雄伝記の執筆に精力をそそいだ。足利尊氏の業績を評価した『足利尊氏』(1909)は,44年南北朝正閏論問題に関連して,不適当な歴史書として筆禍事件に巻き込まれた。愛山の生涯の思想を貫いたのは,個人の独立と自主性を何よりも尊ぶ姿勢であった。主な文章や著書は,『山路愛山集』(明治文学全集35)などに収録されている。<参考文献>坂本多加雄『山路愛山』

(小宮一夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やまじあいざん【山路愛山】

1864‐1917(元治1‐大正6)
評論家。本名は弥吉,愛山は号。幕臣の子として江戸に生まれ,明治維新後静岡に移り,生の転換を求めて1886年キリスト教に入信し,東洋英和学校に学ぶ。91年メソディスト三教派の機関紙《護教》を創刊し,その主筆(1891‐97)になる。92年民友社に入り,《国民之友》《国民新聞》に執筆し,99年《信濃毎日新聞》の主筆をし,1903‐16年に月刊《独立評論》を刊行。そのころ海老名弾正自由主義に一時共鳴。1905年斯波貞吉,中村太八郎らと国家社会党(‐1910)を結成し,家族国家論を基礎とした社会改良を唱え,06年普選運動や東京市電車賃値上げ反対運動を推進した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やまじあいざん【山路愛山】

1864~1917) 評論家。江戸の生まれ。本名は弥吉。「国民新聞」の記者となり、雑誌「国民之友」などに史論・文学論を発表。「信濃毎日新聞」主筆。著「足利尊氏」「現代金権史」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山路愛山
やまじあいざん

[生]元治1(1864).12.26. 江戸
[没]1917.3.15. 東京
明治の史論家,ジャーナリスト。幼名は左衛門,維新後弥吉。愛山は号。旗本の子として生れ,幕府滅亡後静岡に移り,のち上京して,東洋英和学校を卒業。キリスト教の伝道に従ったが,1892年徳富蘇峰の民友社に入り,『国民之友』に史論,文学論,政治評論を寄稿し,高山樗牛や北村透谷らと論争した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山路愛山
やまじあいざん
(1864―1917)

明治時代の史論家、政論家。本名は弥吉。微禄(びろく)の幕臣の子として、元治(げんじ)元年12月26日江戸に生まれる。幕府滅亡後静岡に移り、静岡英語学校、東洋英和学校に学ぶ。一時牧師を務めたが、1892年(明治25)には『国民新聞』記者となり、同紙や雑誌『国民之友』に史論、評論を発表し、また北村透谷(とうこく)や高山樗牛(ちょぎゅう)と論争した。99年『信濃(しなの)毎日新聞』主筆、1903年(明治36)には『独立評論』を創刊。05年には斯波貞吉(しばていきち)、中村太八郎(たはちろう)らと国家社会党を結成し、のち普通選挙期成同盟会評議員となるなど、社会運動にもかかわった。反骨精神をもち在野の人として通したが、その思想は儒教とキリスト教に発し、ナショナリズムに移り、社会主義にも理解を示し、独自の国家社会主義思想に到達した。『社会主義管見』『現代金権史』『足利尊氏(あしかがたかうじ)』『現代日本教会史論』などの著作のほか多数の論説がある。大正6年3月15日没。[松永昌三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山路愛山の言及

【国家社会主義】より

…社会政策,保護主義,専売や国有化を重視する国家社会主義はドイツの歴史的条件のなかから形成された。 日本において国家社会主義を唱えた代表的思想家としては山路愛山,高畠素之,北一輝がいる。共通する特色として,(1)国体の尊重,(2)国家=搾取機関説を廃した国家=統制機関説,(3)階級闘争と民族闘争の結合,(4)反議会主義があげられよう(ただし愛山には(4)の主張は稀薄である)。…

【国家社会党】より

…1905年,山路愛山斯波貞吉,中村太八郎らによって結成された政党。日露戦争後,平民社への弾圧を契機に日本社会党を結党したグループに対抗して創立された。…

【信濃毎日新聞】より

…1880年代に一時,帝政党の機関紙となったが,86年ごろ脱却,90年株式会社に組織を変更,小坂善之助が実権を握り不偏不党を宣言した。99年,山路愛山を主筆に迎え,このとき〈社長といえども編集に容喙(ようかい)せず〉の方針を明らかにし,以後編集の独立が社風として確立された。1922年夕刊発行を開始。…

【政商】より

…それゆえ,たとえば,三井,三菱といった〈政商〉が人格的表現に重点をおく考え方だとすれば,むしろその〈前期的な商業資本〉の運動形態に着目して〈政商資本〉と表現・記述される場合もある。 さて,山路愛山が〈最初の明治政府,ことにその中心の人格たる岩倉,大久保諸公が国家自ら主動の位置を取りて民業に干渉し,人民の進まぬ前に国家先ず進み,世話焼と鞭撻と,奨励と保護とを以て一日も早く,日本国を西洋の様に致したしと……しきりに人民の尻をたたき立てり。さてかように政府が自ら干渉して民業の発達を計るに連れておのずからできたる人民の一階級あり。…

【独立評論】より

山路愛山が発刊した個人雑誌。1903年1月創刊の月刊誌で16年8月まで刊行(その間1910年9月~13年1月までは愛山が《国民雑誌》主宰となったため休刊)。…

【内部生命論】より

…1893年《文学界》第5号に発表。この論文は,山路愛山との間で激しく交わされた〈人生相渉論争〉を踏まえ,あらためて自分の思想的な立場を原理的に明らかにするために書かれた。そこで透谷が中心に置いたのは,もともとキリスト教からきている〈生命〉の概念である。…

※「山路愛山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山路愛山の関連キーワード上田耕甫国際ジャーナリスト機構国際ジャーナリスト連盟ビデオジャーナリストジャーナリスティックジャーナリストフォトジャーナリストパックジャーナリズムスポーツジャーナリスト日本ジャーナリスト会議

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山路愛山の関連情報