コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正風 ショウフウ

世界大百科事典 第2版の解説

しょうふう【正風】

和歌,連歌,俳諧用語。正風体ともいう。規範とすべき正しい風体をいうが,時代やジャンルや個人によって概念に多少の相違がある。幽斎は,《古今集》《新古今集》,近くは実隆などの〈花実相通(かじつそうつう)〉の歌風を正風とし,〈先づ正風体を本とすべきなり〉と重んじ(《耳底記(にていき)》),兼載は,伝統的な和歌の美意識をすなおに受け入れた風体を連歌の正風体とした(《景感道》)。貞門俳諧では,連歌に準拠した〈実(まこと)〉の勝った自派俳風を,談林の異風に対して正風体と称したが,談林の西鶴は,連歌以来の正統な付物(つけもの)による俳風を正風とし,当流仕立ての正風体を重んじた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

正風の関連キーワード貞松斎一馬(2代)貞松斎一馬(初代)貞松斎一馬(4代)貞松斎一馬(3代)有栖川宮慰子妃貞月斎一堤貞松斎一馬宮本 里桜貞月斎一叟佐佐木信綱鎌田 正夫北島伊登子遠山 稲子窓月斎一由黄華庵升六渡辺樵山清岡覚子大口鯛二千葉胤明遠山英一

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正風の関連情報