花の帽子(読み)はなのぼうし

精選版 日本国語大辞典「花の帽子」の解説

はな【花】 の 帽子(ぼうし・ぼし)

※寛永版曾我物語(南北朝頃)一二「菩提樹数珠、花の帽子取り具して」
の冠り物の一つ。頭巾のようにからかぶり、顔の上半分を現わし、下はから胸まで覆うもの。色ははなだ色、浅葱色のほか、白などがある。僧尼に用いる。
※談義本・根無草(1763‐69)後「縹帽子(ハナノボウシ)の花々しく、いとも殊勝に着座あれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「花の帽子」の解説

はな‐の‐ぼうし【花の帽子】

縹帽子はなだぼうし」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android