コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着座 チャクザ

デジタル大辞泉の解説

ちゃく‐ざ【着座】

[名](スル)
座につくこと。着席。「指定された席に着座する」
任官されてのち、官庁(かんのちょう)外記庁(げきのちょう)の自分の座に着く儀式。
「上達部の―とかし給はぬをも皆催しつけなどして」〈今鏡・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃくざ【着座】

( 名 ) スル
座につくこと。席につくこと。 「定められた席に-する」
任官して、太政官庁・外記げき庁の座につく儀式。 「ながき物忌みにうちつづき-といふわざしては/蜻蛉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

着座の関連キーワード水上オートバイサブマリン現象超軽量動力機仙台藩の家格大床子の御物和泉大掾九平講座(高座)坐・座・挫踏歌の節会半井瑞策肥えらか笠着連歌御座の間垣下の座物忌み四本柱評定始本勝手逆勝手囃子座

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

着座の関連情報