コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花コウ(崗)岩質層 かこうがんしつそう

1件 の用語解説(花コウ(崗)岩質層の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

花コウ(崗)岩質層【かこうがんしつそう】

上下2層からなる大陸地殻の上層。普通厚さ20〜30km,若い造山帯の下で50〜60km。この層では地震波の縦波の速度は毎秒5.5〜6.5kmで,そのことから花コウ岩か,またはそれと同じ組成,同じ密度の岩石(たとえば片麻岩)からなると推定されている。
→関連項目コンラッド不連続面シアル大陸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

花コウ(崗)岩質層の関連キーワードクラトン大陸地殻造陸運動サルシマ発達した島弧バーバートン型花崗岩大洋化作用説大洋恒久説上層水

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone