花コウ(崗)岩質層(読み)かこうがんしつそう

百科事典マイペディアの解説

花コウ(崗)岩質層【かこうがんしつそう】

上下2層からなる大陸地殻の上層。普通厚さ20〜30km,若い造山帯の下で50〜60km。この層では地震波の縦波の速度は毎秒5.5〜6.5kmで,そのことから花コウ岩か,またはそれと同じ組成,同じ密度の岩石(たとえば片麻岩)からなると推定されている。大洋地域には存在しないか,存在しても薄いとされる。現在この用語はほとんど使われない。
→関連項目コンラッド不連続面シアル大陸

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android