花丸雪(読み)ハナマルユキ

精選版 日本国語大辞典の解説

はなまる‐ゆき【花丸雪】

〘名〙 タカラガイ科の巻き貝。房総半島以南に分布し、潮間帯の岩礁にすむ。殻高約三・五センチメートルの厚い卵円形で、黒褐色をし、背面のふくらみに小白斑が多数散在する。貝細工の材料とする。和名ハナマルユキガイ。《・春》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android