コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花屋の柳 はなやのやなぎ

大辞林 第三版の解説

はなやのやなぎ【花屋の柳】

江戸時代、花屋が看板として店先に植えた柳。なすことなく入り口などに立っていることや、その人をたとえていう。 「かどぐちに立はだかつて-ぢやああるめえし/滑稽本・膝栗毛 8

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

花屋の柳の関連キーワード江戸時代花屋

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android