コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花屋 ハナヤ

3件 の用語解説(花屋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はな‐や【花屋】

花を売る店。また、その人。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花屋
はなや

草木の切り花を販売する店。18世紀ごろから大都市に現れ、おもに神仏に供える花を手桶(ておけ)に入れて商った。いけ花の花は少なかったという。店の前に柳の木を植え、これを看板とした。19世紀後半からは温室による営利的栽培が普及し、華道の隆盛につれて、いけ花用切り花の需要が増えた。1950年(昭和25)以後は園芸店ともいうようになり、商品はおもに花卉(かき)市場から供給されている。一方、こうした店売りに対して、振売りの花売りも存在した。籠(かご)、二階棚、竹筒などに自家栽培の切り花を入れて天秤(てんびん)棒で担いだ男性や、菰(こも)に巻いて頭にのせたり背負ったりした女性が町中を売り歩いた。近代でも19世紀末ころまでは荷車にのせて売り歩く男性の花売りがいたり、また、京の大原女(おはらめ)も薪にかえて花を売るようになった。現代では担売りはほとんどみられない。[遠藤元男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

花屋の関連情報