コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花屋 ハナヤ

3件 の用語解説(花屋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はな‐や【花屋】

花を売る店。また、その人。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はなや【花屋】

花を売る店。また、その人。
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花屋
はなや

草木の切り花を販売する店。18世紀ごろから大都市に現れ、おもに神仏に供える花を手桶(ておけ)に入れて商った。いけ花の花は少なかったという。店の前に柳の木を植え、これを看板とした。19世紀後半からは温室による営利的栽培が普及し、華道の隆盛につれて、いけ花用切り花の需要が増えた。1950年(昭和25)以後は園芸店ともいうようになり、商品はおもに花卉(かき)市場から供給されている。一方、こうした店売りに対して、振売りの花売りも存在した。籠(かご)、二階棚、竹筒などに自家栽培の切り花を入れて天秤(てんびん)棒で担いだ男性や、菰(こも)に巻いて頭にのせたり背負ったりした女性が町中を売り歩いた。近代でも19世紀末ころまでは荷車にのせて売り歩く男性の花売りがいたり、また、京の大原女(おはらめ)も薪にかえて花を売るようになった。現代では担売りはほとんどみられない。[遠藤元男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花屋の関連キーワード男を売る恩を売る顔を売る情けを売る名を売る花売り春を売る身を売る色を売る花を折る

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

花屋の関連情報