コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花山院忠雅 かざんいん ただまさ

2件 の用語解説(花山院忠雅の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

花山院忠雅 かざんいん-ただまさ

1124-1193 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
天治(てんじ)元年生まれ。花山院忠宗の次男。大納言などをへて仁安(にんあん)2年(1167)内大臣,翌年従一位,太政大臣にすすんだ。建久4年8月26日死去。70歳。号は花山院太政大臣。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

花山院忠雅

没年:建久4.8.26(1193.9.23)
生年:天治1(1124)
平安後期の貴族。花山院太政大臣あるいは粟田口太政大臣と称される。権中納言藤原忠宗と参議藤原家保の娘の子。久安4(1148)年権中納言,平治2(1160)年権大納言,仁安2(1167)年内大臣と昇進を重ね,仁安3(1168)年には太政大臣に任ぜられた。嘉応2(1170)年に官を辞し,元暦2(1185)年出家,法名理智覚(覚智とも)を名乗る。故実に明るく,「当世の国老」と評された。鳥羽院の有力院司藤原家成と深くつながり,家成を通じて藤原頼長とも親交を持った。<参考文献>五味文彦『院政期社会の研究』

(上杉和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

花山院忠雅の関連キーワード天治花山院忠雅サラディン曾我兄弟工藤祐経曾我祐成平時家源範頼安田義資工藤祐経

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone