コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花山院忠雅 かざんいん ただまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

花山院忠雅 かざんいん-ただまさ

1124-1193 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
天治(てんじ)元年生まれ。花山院忠宗の次男。大納言などをへて仁安(にんあん)2年(1167)内大臣,翌年従一位,太政大臣にすすんだ。建久4年8月26日死去。70歳。号は花山院太政大臣。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

花山院忠雅

没年:建久4.8.26(1193.9.23)
生年:天治1(1124)
平安後期の貴族。花山院太政大臣あるいは粟田口太政大臣と称される。権中納言藤原忠宗と参議藤原家保の娘の子。久安4(1148)年権中納言,平治2(1160)年権大納言,仁安2(1167)年内大臣と昇進を重ね,仁安3(1168)年には太政大臣に任ぜられた。嘉応2(1170)年に官を辞し,元暦2(1185)年出家,法名理智覚(覚智とも)を名乗る。故実に明るく,「当世の国老」と評された。鳥羽院の有力院司藤原家成と深くつながり,家成を通じて藤原頼長とも親交を持った。<参考文献>五味文彦『院政期社会の研究』

(上杉和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

花山院忠雅の関連キーワード土御門通親花山院兼雅藤原師家新田義重源通親公卿

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android