コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁安 ニンアン

大辞林 第三版の解説

にんあん【仁安】

年号(1166.8.27~1169.4.8)。永万の後、嘉応の前。六条・高倉天皇の代。にんなん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

にんあん【仁安】

日本の元号(年号)。平安時代の1166年から1169年まで、六条(ろくじょう)天皇、高倉(たかくら)天皇の代の元号。前元号は永万(えいまん)。次元号は嘉応(かおう)。1166年(永万2)8月27日改元。六条天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『毛詩正義(もうしせいぎ)』を出典とする命名。親政をめざし、父の後白河(ごしらかわ)上皇と対立した二条(にじょう)天皇は、1165年(永万1)6月に皇子の六条天皇を2歳で即位させた。歴代の天皇の中で最年少の即位である。二条がわが子の即位を急いだのは、病気で死期が迫っていたことと、後白河に高倉(たかくら)天皇擁立の動きがあったことによる。翌7月に二条天皇は崩御。1167年(仁安2)には、二条天皇を支えた平清盛(たいらのきよもり)が太政大臣に就任した。しかし翌年、清盛と結んだ後白河の意向で六条は5歳で退位し、その叔父にあたる高倉天皇が即位した。◇「にんなん」とも読む。

にんなん【仁安】

⇒仁安(にんあん)

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

仁安の関連キーワード藤原実綱(1)藤原親実(1)建春門院中納言花山院忠雅花山院兼雅惇子内親王休子内親王宗源(1)道恵法親王藤原信隆妻道法法親王三善長衡二条天皇斎藤友実藤原公保梶原景茂中原師重高階信章藤原宗隆建春門院

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仁安の関連情報