コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花岡 はなおか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花岡
はなおか

山口県南東部、下松(くだまつ)市の一地区。旧花岡村。近世山陽道の宿駅、市場町として栄え、萩(はぎ)藩都濃宰判勘場(つのさいばんかんば)(代官所)が置かれ、本陣、御物送り場などがあった。国道2号が通じ、JR岩徳(がんとく)線周防(すおう)花岡駅がある。花岡八幡宮(はちまんぐう)境内の室町時代の多宝塔(閼伽井坊塔婆(あかいぼうとうば))は国指定重要文化財。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

花岡の関連キーワード大館市立鳥潟会館附属郷土資料庫春風亭 柳枝(4代目)青森県青森市浪岡女鹿沢山口県下松市末武上秋田県大館市花岡町花岡平和記念館田中宏(3)水マンガン鉱山口県下松市愛のままで…ゆうやけ学校花岡 タネ下松(市)春風亭小朝下松[市]花岡 大学鳥潟小三吉野添憲治花岡真弓花岡タネ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花岡の関連情報