芳賀高貞(読み)はが たかさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芳賀高貞 はが-たかさだ

?-? 南北朝時代の武将。
宇都宮貞綱の子。芳賀禅可(ぜんか)の養子。甥(おい)の宇都宮氏綱を補佐。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)では足利尊氏方に属して活躍し上野(こうずけ),越後(えちご)の守護代となる。貞治(じょうじ)2=正平(しょうへい)18年(1363)足利基氏が氏綱の越後守護職をうばって上杉憲顕(のりあき)にあたえた処置にいかり挙兵するが,基氏に敗れた。初名は公貞,綱世。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android