コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳賀高貞 はが たかさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芳賀高貞 はが-たかさだ

?-? 南北朝時代の武将。
宇都宮貞綱の子。芳賀禅可(ぜんか)の養子。甥(おい)の宇都宮氏綱を補佐。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)では足利尊氏方に属して活躍し上野(こうずけ),越後(えちご)の守護代となる。貞治(じょうじ)2=正平(しょうへい)18年(1363)足利基氏が氏綱の越後守護職をうばって上杉憲顕(のりあき)にあたえた処置にいかり挙兵するが,基氏に敗れた。初名は公貞,綱世。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

芳賀高貞の関連キーワード南北朝時代宇都宮貞綱真岡城

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android