コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇都宮貞綱 うつのみや さだつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇都宮貞綱 うつのみや-さだつな

1266-1316 鎌倉時代の武将。
文永3年生まれ。宇都宮景綱の子。下野(しもつけ)(栃木県)宇都宮城主。弘安(こうあん)の役のさい九州に出陣。嘉元(かげん)3年北条時村を殺した北条宗方北条貞時の命令で討つ。正和(しょうわ)元年,亡母の十三回忌供養に鉄製の卒塔婆(宇都宮市,清巌寺蔵)をたてた。正和5年7月25日死去。51歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宇都宮貞綱の関連キーワード宇都宮公綱真空妙応芳賀高貞

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android