コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芸術大衆化論 げいじゅつたいしゅうかろん

世界大百科事典 第2版の解説

げいじゅつたいしゅうかろん【芸術大衆化論】

一般的には,芸術の社会的孤立または孤高に対して,芸術と大衆との積極的な関係をつくりだそうと主張する論をいう。特に,1920‐35年の日本のプロレタリア芸術運動においては基本の目的の一つとされた。28年にはこれをめぐって〈芸術大衆化論争〉が,その運動の主要な雑誌の一つたる《戦旗》誌上で,約半年にわたって行われた。中野重治はその6月号に〈いはゆる芸術の大衆化論の誤りについて〉を書き,通俗化・迎合・水うめ等によってプロレタリア芸術の大衆化をはかる傾向をはげしく論難し,芸術家としての頑固な進み方で大衆の真実に迫ることを要求した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

芸術大衆化論の関連キーワード文学論争

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android