コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芸術大衆化論 げいじゅつたいしゅうかろん

1件 の用語解説(芸術大衆化論の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

げいじゅつたいしゅうかろん【芸術大衆化論】

一般的には,芸術の社会的孤立または孤高に対して,芸術と大衆との積極的な関係をつくりだそうと主張する論をいう。特に,1920‐35年の日本のプロレタリア芸術運動においては基本の目的の一つとされた。28年にはこれをめぐって〈芸術大衆化論争〉が,その運動の主要な雑誌の一つたる《戦旗》誌上で,約半年にわたって行われた。中野重治はその6月号に〈いはゆる芸術の大衆化論の誤りについて〉を書き,通俗化・迎合・水うめ等によってプロレタリア芸術の大衆化をはかる傾向をはげしく論難し,芸術家としての頑固な進み方で大衆の真実に迫ることを要求した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

芸術大衆化論の関連キーワードエリート社会的リスク芸術至上主義公序良俗社会福祉知識社会学孤高社会的法令奴隷制

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone