迎合(読み)ゲイゴウ

デジタル大辞泉の解説

げい‐ごう〔‐ガフ〕【迎合】

[名](スル)自分の考えを曲げてでも、他人の気に入るように調子を合わせること。「権力に迎合する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あど【迎合】

(普通「アド」と書く)狂言で、主役(シテ)に対する相手役。複数の場合は、主おもアド・次アド、あるいは一のアド・二のアドと呼ぶ。 → 仕手して
相手の話に調子を合わせて受け答えすること。あいづち。 〔日葡〕
[句項目] 迎合を打つ

げいごう【迎合】

( 名 ) スル
相手の気に入るように努めること。相手に合わせて自分の意見や態度を変えること。 「権力に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

迎合の関連情報