コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迎合 ゲイゴウ

デジタル大辞泉の解説

げい‐ごう〔‐ガフ〕【迎合】

[名](スル)自分の考えを曲げてでも、他人の気に入るように調子を合わせること。「権力に迎合する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あど【迎合】

(普通「アド」と書く)狂言で、主役(シテ)に対する相手役。複数の場合は、主おもアド・次アド、あるいは一のアド・二のアドと呼ぶ。 → 仕手して
相手の話に調子を合わせて受け答えすること。あいづち。 〔日葡〕
[句項目]

げいごう【迎合】

( 名 ) スル
相手の気に入るように努めること。相手に合わせて自分の意見や態度を変えること。 「権力に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

迎合の関連キーワードモンゴメリー(Lucy Maud Montgomery)コルネイユ(Thomas Corneille)ウェルナー ファイマン論文日本の自殺の要旨ショスタコーヴィチ受け狙い・受狙い芸・藝・迎・鯨ドイツ教会闘争社会ファシズム芸術大衆化論イデオローグ生類憐みの令ポピュリズムエウセビウスフライアー進藤 信義意を迎える饗応・供応コルネイユ阿付・阿附

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

迎合の関連情報