苔の下水(読み)こけのしたみず

精選版 日本国語大辞典の解説

こけ【苔】 の 下水(したみず)

苔の下を通ってゆく水。
※新古今(1205)春上・七「岩間とぢし氷もけさは解けそめて苔の下水道もとむらん〈西行〉」
[語誌]苔の下を水が流れていくという発想は、挙例の西行歌以前には見出し得ず、冬の暗く閉塞的な草庵生活の中で春を待望する心がとらえた、西行の新造語か。この表現は、以後の勅撰入集歌や謡曲など広範な分野に影響の跡がうかがえる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こけ‐の‐したみず〔‐したみづ〕【×苔の下水】

苔の下を通って流れる水。
「岩間とぢし氷も今朝は解け初(そ)めて―道求むらむ」〈新古今・春上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android