コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩間 いわま

5件 の用語解説(岩間の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩間
いわま

茨城県中部,笠間市南部の旧町域。筑波山地の北東麓に位置する。 1923年町制。 1954年南川根村と合体。 2006年笠間市,友部町と合体して笠間市となった。中心集落は常磐線開通後に発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いわ‐ま〔いは‐〕【岩間】

岩と岩との間。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いわま【岩間】

岩と岩との間。 「 -を流れる清水」

いわま【岩間】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩間
いわま

茨城県中西部、西茨城郡にあった旧町名(岩間町(まち))。現在は笠間(かさま)市の南部を占める地域。旧岩間町は1923年(大正12)町制施行。1954年(昭和29)南川根村と合併。2006年(平成18)笠間市に合併。旧町域はJR常磐(じょうばん)線、国道355号が通じる。常磐自動車道と岩間インターチェンジは1984年3月開通。西部は筑波(つくば)山地、東部は常陸(ひたち)台地。養豚と果樹栽培が盛んで山麓(さんろく)暖地利用のカキ、クリ、ウメ、ナシのほか、キリ材、竹箒(たけぼうき)は特産である。吾国愛宕(わがくにあたご)県立自然公園に含まれ、ハイキングコースがある。愛宕山はサクラの名所で、愛宕神社裏にある飯綱(いづな)神社の祭礼は、悪口をいい放題できる悪態祭(あくたいまつり)で有名。下郷の六所神社例祭(11月2~4日)は山車(だし)が繰り出しにぎわう。合気道の創始者である植芝盛平(うえしばもりへい)が、この地で修行をして合気道を誕生させたことにより、合気道発祥の地として知られる。吉岡には、日本で唯一の合気道の神社である合気神社があり、合気道が盛ん。安居(やすい)の塙家(はなわけ)住宅は国指定重要文化財。[櫻井明俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩間の関連キーワード茨城県笠間市安居茨城県笠間市稲田岩間〈町〉茨城県笠間市笠間茨城県笠間市上郷茨城県笠間市手越茨城県笠間市箱田茨城県笠間市南小泉茨城県笠間市南友部茨城県笠間市南吉原

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩間の関連情報