コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩間 いわま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩間
いわま

茨城県中部,笠間市南部の旧町域。筑波山地の北東麓に位置する。 1923年町制。 1954年南川根村と合体。 2006年笠間市,友部町と合体して笠間市となった。中心集落は常磐線開通後に発展。桐材を特産,その多くは石岡市に送られる。竹ぼうきの生産は県下一。茅ぶきの旧民家,塙家住宅は国の重要文化財。南西部の愛宕山はサクラの名所で,愛宕神社には悪態祭 (→悪口祭 ) といわれる奇祭が伝わる。愛宕山一帯は吾国愛宕県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いわま【岩間】

岩と岩との間。 「 -を流れる清水」

いわま【岩間】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩間
いわま

茨城県中西部、西茨城郡にあった旧町名(間町(まち))。現在は笠間(かさま)市の南部を占める地域。旧岩間町は1923年(大正12)町制施行。1954年(昭和29)南川根村と合併。2006年(平成18)笠間市に合併。旧町域はJR常磐(じょうばん)線、国道355号が通じる。常磐自動車道と岩間インターチェンジは1984年3月開通。西部は筑波(つくば)山地、東部は常陸(ひたち)台地。養豚と果樹栽培が盛んで山麓(さんろく)暖地利用のカキ、クリ、ウメ、ナシのほか、キリ材、竹箒(たけぼうき)は特産である。吾国愛宕(わがくにあたご)県立自然公園に含まれ、ハイキングコースがある。愛宕山はサクラの名所で、愛宕神社裏にある飯綱(いづな)神社の祭礼は、悪口をいい放題できる悪態祭(あくたいまつり)で有名。下郷の六所神社例祭(11月2~4日)は山車(だし)が繰り出しにぎわう。合気道の創始者である植芝盛平(うえしばもりへい)が、この地で修行をして合気道を誕生させたことにより、合気道発祥の地として知られる。吉岡には、日本で唯一の合気道の神社である合気神社があり、合気道が盛ん。安居(やすい)の塙家(はなわけ)住宅は国指定重要文化財。[櫻井明俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

岩間の関連キーワード11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち高知県四万十市西土佐岩間法医学教室の事件ファイル滋賀県大津市石山内畑町まぼろしのペンフレンドフルール・ド・ロカイユぼくがぼくであることキヨ子は泣くもんか浮世人情落花新演劇石川県白山市尾添正法寺(岩間寺)3年B組貫八先生その手にのるなジュンのあしたセイントフォー放送記者物語茨城県笠間市ママの卒業式植村直己物語暁はただ銀色

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩間の関連情報