西行(読み)さいぎょう

美術人名辞典の解説

西行

平安後期の歌人。姓は佐藤、名は義清別号に大宝房、法名円位。武家に生まれ鳥羽上皇北面武士として仕えるが、のち出家する。平清盛・時忠、崇徳院徳大寺実能らと交わる。仏道修行、和歌に励み、諸国を遍歴。仏教観を基として独自の抒情歌を確立。『新古今集』に九四首収められ、家集に『山家集』等がある。建久元年(1190)寂、73才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さいぎょう〔サイギヤウ〕【西行】

[1118~1190]平安後期の歌人・僧。俗名、佐藤義清(さとうのりきよ)。法名、円位。鳥羽院北面の武士として仕えたが、23歳で出家。草庵に住み、また諸国を行脚して歌を詠んだ。家集「山家集」。新古今集には94首が載っている。
《西行が諸国を遍歴したところから》諸国を歩き回ること。また、その人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

西行【さいぎょう】

平安末・鎌倉初期の歌人。俗名佐藤義清(のりきよ)(憲清・則清・範清とも)。法名円位。佐藤氏は平将門を討った藤原秀郷(俵藤太)の子孫で,富裕な武門の家であった。西行は若くして鳥羽院北面の武士となり,院に目をかけられたが,1140年23歳で出家。その理由は明らかではない。しばらくは都の周辺に庵居していたが,のち高野山に入った。しばしば伊勢,熊野,吉野などに旅し,また能因の跡を追って陸奥に下向,歌枕を巡って詠作している。50歳代の初めには,崇徳院の墓参と弘法大師の遺跡巡礼のために四国へ旅し,1186年,69歳のとき,俊乗房重源に委嘱され,東大寺再建の勧進のため再度の奥州旅行に出,途中鎌倉の源頼朝にも謁している。だが,生涯を旅に過ごしたわけではなく,都近くにも住み,藤原俊成とその周辺の人びとを歌友として歌道に精進した。その歌は生活体験に基づく清澄な自然詠が多い。《新古今和歌集》には94首もとられ,以後の和歌史に大きな影響を与えている。家集に《山家(さんか)集》があり,歌談を弟子の蓮阿が筆録した《西行上人談抄》がある。《古事談》《沙石集》などに西行の諸国行脚に関する説話が数多くのる。
→関連項目朝妻大磯[町]懐紙河南[町]西行物語絵巻私家集白河関撰集抄宗祇田仲荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西行 さいぎょう

1118-1190 平安後期-鎌倉時代の歌人,僧。
元永元年生まれ。佐藤康清の子。北面の武士として鳥羽(とば)上皇につかえ,23歳で出家。生涯の大半を奥州から九州までのさすらいの旅ですごす。花と月の歌がおおく,独自の歌風は飯尾宗祇(そうぎ),松尾芭蕉(ばしょう)らに影響をあたえた。「新古今和歌集」に94首がおさめられている。文治(ぶんじ)6年2月16日死去。73歳。俗名は佐藤義(憲)清(のりきよ)。歌集に「山家(さんか)集」など。
【格言など】嘆けとて月やは物を思はするかこち顔なるわが涙かな(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

西行

没年:建久1.2.16(1190.3.23)
生年:元永1(1118)
平安末期の歌人。父は検非違使左衛門尉佐藤康清。母は監物源清経の娘。藤原秀郷の末裔に当たる。俗名,義清(憲清とも)。実家は相当に富裕だったようである。保延1(1135)年兵衛尉に任ぜられる。鳥羽院の下北面の武士で,徳大寺家の家人でもあり,待賢門院,崇徳院との縁も深かった。和歌のみならず,武芸,蹴鞠にも堪能であった。保延6年出家。法名,円位。遁世後は東山や嵯峨に草庵を結び,鞍馬,吉野大峰,熊野などの地で真言僧としての修行に励んだ。伊勢にも赴き,30歳代以前に陸奥を訪れてもいる。その後は主に高野山に拠ったが,都との往還もしばしばで,保元1(1156)年には鳥羽法皇の葬送に参り合わせ,保元の乱に敗れて仁和寺に籠った崇徳上皇のもとに馳せ参じてもいる。讃岐の崇徳上皇の配所にも歌を詠み送った。仁安2(1167)年もしくは3年には,弘法大師の遺跡巡拝と崇徳上皇の白峰陵参詣を目的とする中国・四国行に出立。晩年は伊勢に移住し,本地垂迹説に拠る神祇信仰を深めつつ,和歌を通じて内宮祠官荒木田氏の人々と交わった。文治2(1186)年再び奥州に下向。東大寺再建を目指す重源の依頼により平泉での砂金勧進を目的とする旅で,下向の途次鎌倉において源頼朝と面談したとも伝える。京都の歌壇とは比較的没交渉で,歌会,歌合に出詠した記録も乏しいが,寂然(藤原為業)など常磐家の人々および藤原俊成とは親しく,奥州再訪の直前には藤原定家・家隆,寂蓮らに『二見浦百首』を勧進。また『御裳濯河』『宮河』の2編の自歌合を編み,各々俊成,定家に加判を委嘱した。河内国弘川寺にて示寂。 家集に『山家集』『聞書集』『残集』『山家心中集』『西行上人集』があり,『西行上人談抄』はその歌論を伝える。『撰集抄』は西行に仮託した説話集で,『西行物語』とともに伝説的西行像の源泉を為す。『新古今集』入集第1位。花と月の歌人,旅と草庵の歌人として知られ,『後鳥羽院御口伝』では「生得の歌人」と評されるが,藤原定家などとは異なった位相においてではあるものの,王朝和歌の文学的伝統に自覚的に対峙し,自らの和歌の表現の在り方に心を砕く歌人でもあった。

(田仲洋己)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいぎょう【西行】

1118‐90(元永1‐建久1)
平安時代末,鎌倉時代初頭の歌人。魚名流藤原氏,鎮守府将軍藤原秀郷(俵藤太)の9代目の子孫で,曾祖父の代から佐藤氏と称した。父は左衛門尉康清,母は監物源清経の娘。俗名を義清(のりきよ)(憲清,則清,範清とも)といい,出家して円位,また西行,大本房,大宝房,大法房と称した。佐藤氏は代々衛府に仕える武門の家で,故実に明るく,紀伊国の田仲荘の預所として豊かであった。外祖父の清経は,今様や蹴鞠の達人で,遊里にも通じた数寄者として知られていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さいぎょう【西行】

○1118~1190) 平安末期から鎌倉初期の歌僧。俗名、佐藤義清のりきよ。法号、円位・大宝房など。もと北面の武士。二三歳で出家。陸奥むつから四国・九州まで諸国を旅し、河内の弘川寺で没す。生活体験のにじみ出た述懐歌にすぐれ、「新古今集」では集中最高の九四首が入集。家集「山家集」、聞書「西公談抄」がある。
〔西行法師が天下を遍歴したことから〕 諸所・諸国の遍歴者。

せいこう【西行】

( 名 ) スル
西の方へ行くこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西行
さいぎょう

[生]元永1(1118)
[没]文治6(1190).2.16. 河内
平安時代末期の歌人。姓,藤原。俗名,佐藤義清 (のりきよ) 。父は左衛門尉康清。母は監物 (けんもつ) 源清経の娘。北面の武士として鳥羽上皇に仕え,左兵衛尉にいたる。 23歳のとき出家,法名,円位,また西行と呼ばれた。真言宗に属し,多く高野山に住み,奥羽,中国,四国などを遍歴,勧進などに従った。晩年は伊勢に移り,2度目の奥州旅行から帰ったのちは河内国弘川寺に住み同地で没した。在俗時代から和歌を詠み,出家後は修行のかたわら作歌に精進,寂念,寂然,寂超ら大原三寂,藤原俊成と親交があり,次第に歌名も上がった。しかし,宮廷やその周辺の貴族の家などで行われた歌会や歌合には参加していない。旅先での見聞など現実体験に基づく作品が多いのが特色。作風は平明率直で真実感にあふれるものが多いが,ときには和歌としての形象性に乏しいものもある。家集に『山家集』『異本山家集』『聞書集』『聞書残集』,自撰の歌合に『御裳濯河 (みもすそがわ) 歌合』『宮河歌合』がある。『千載集』『新古今集』などの勅撰集にも多く入集。『西行上人談抄』は西行の語った歌話を,弟子蓮阿が筆録したもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西行
さいぎょう
(1118―1190)

平安後期の歌人。藤原氏藤成(ふじなり)流の左衛門尉(さえもんのじょう)佐藤康清(やすきよ)の子。母は監物(けんもつ)源清経女(きよつねのむすめ)。法名は円位。大宝坊また大本坊と号した。佐藤家の先祖には俵藤太秀郷(たわらとうたひでさと)がおり、奥州藤原氏とも縁続きである。代々六衛府(りくえふ)の武官で検非違使(けびいし)などを勤める武勇の家であった。また、母方の祖父清経は今様雑芸(いまようぞうげい)や蹴鞠(けまり)に通じている風流な下級官人であったらしい。西行は俗名を義清(のりきよ)(憲清とも)といい、徳大寺実能(さねよし)の家人(けにん)となり、また下北面(げほくめん)の武士として鳥羽院(とばいん)に仕え、兵衛尉(ひょうえのじょう)となったが、1140年(保延6)23歳で出家した。藤原頼長(よりなが)の日記『台記(たいき)』に道心による遁世(とんせい)であるというが、早くから近親者の急死にあって無常を感じたためとか、悲恋の結果であるなどの伝説が生じ、近代には、親しく仕えた待賢門院(たいけんもんいん)や崇徳院(すとくいん)が疎外される政治状況を目のあたりにして出家したのかという説も唱えられているが、明らかではない。「嘆けとて月やは物を思はするかこちがほなるわが涙かな」など一連の恋歌は激しい恋愛体験もあったらしいことを思わせるが、出家以前妻子がいたことは確かであろうと考えられる
 出家後は嵯峨(さが)や鞍馬(くらま)の奥などにこもり、また伊勢(いせ)に下向しているが、のちには高野山(こうやさん)を本拠とする聖(ひじり)の生活に入った。真言宗に帰し、吉野の大峰(おおみね)で山伏(やまぶし)修行をもしているが、僧綱(そうごう)をもたず、上人(しょうにん)とよばれる生涯を送った。空仁(くうにん)や、のちに同行となった西住(源季政(すえまさ))などとともに、出家以前から和歌に親しんでいたが、以後はいよいよ詠歌に励み、信仰と詠歌が草庵(そうあん)と行脚(あんぎゃ)に終始した生涯の支えであったとみられる。しかし歌合(うたあわせ)の席などで都の歌人たちと広く交際することは比較的乏しく、旧主家である徳大寺家や崇徳院の関係で、待賢門院堀河(ほりかわ)、上西門院兵衛(じょうさいもんいんのひょうえ)などの女房たちやその周辺の人物、常盤三寂(ときわさんじゃく)とよばれた寂念(じゃくねん)、寂超(じゃくちょう)、寂然(じゃくぜん)ら丹後守(たんごのかみ)藤原為忠(ためただ)の子供たち、為忠の婿藤原俊成(しゅんぜい)など、限られた人々と親しかった。高野の僧の一人として平忠盛(ただもり)の家にも行っており、平氏に対しては親近感を抱いていたらしい。
 30代前後に、陸奥(みちのく)の歌枕(うたまくら)にあこがれ、藤原実方(さねかた)や能因(のういん)の足跡を慕って、最初の陸奥行脚を試みた。また30代のなかばごろ、『詞花(しか)和歌集』にその作品1首がよみ人しらずとしてとられている。
 50代の初め、仁安(にんあん)年間(1166~69)、讃岐(さぬき)(香川県)の崇徳院の墓陵参拝と弘法(こうぼう)大師の遺跡巡礼を目的として、中国、四国へ行脚した。1172年(承安2)には平清盛(きよもり)主催の千僧供養に参加し、1177年(治承1)には高野山の蓮華乗院(れんげじょういん)の移築にかかわっている。60代の初め、治承(じしょう)年間(1177~81)に、長らく生活の本拠であった高野山を離れて、伊勢の二見浦(ふたみがうら)の近くに移住した。同地では草庵生活のかたわら伊勢神宮の神官たちに和歌を教えていたと考えられる。1186年(文治2)、大神宮法楽のため藤原定家(ていか)、同家隆(いえたか)、寂蓮(じゃくれん)らに百首歌(ひゃくしゅうた)を勧進し、また俊乗房重源(しゅんじょうぼうちょうげん)との約束によって、大仏再建の砂金勧進のために再度陸奥に下向した。途中鎌倉では源頼朝(よりとも)と会って、一夜を語り明かしている。この東国への旅で自讃(じさん)歌とされる「風になびく富士の煙の空に消えて行方も知らぬわが思ひかな」の歌を得た。「年たけてまた越ゆべしと思ひきや命なりけり佐夜(さや)の中山」の詠もこのときのものである。陸奥から戻ったころ、まず俊成に加判を依頼した自歌合『御裳濯河(みもすそがわ)歌合』が、やや遅れて定家が加判した『宮河(みやがわ)歌合』が成り、これを伊勢の内宮(ないくう)・外宮(げくう)に奉納したが、自身は河内(かわち)の弘川寺(ひろかわでら)(大阪府南河内(みなみかわち)郡河南町)で病み、文治(ぶんじ)6年2月16日、「願はくは花の下(した)にて春死なむそのきさらぎの望月(もちづき)の頃(ころ)」というかねての願いどおり、同地に入滅した。年73。その没後撰(えら)ばれた『新古今(しんこきん)和歌集』には集中最多数の94首がとられ、慈円(じえん)、定家や後鳥羽院(ごとばいん)ら、後の世代の歌人に深い影響を及ぼした。
 その生涯は早くから伝説を生じ、鎌倉中期ごろには絵を伴った『西行物語』が書かれたらしい。また、説話集『撰集抄(せんじゅうしょう)』の編者に仮託された。芭蕉(ばしょう)や明治の詩人たちが憧憬(しょうけい)した漂泊の歌人西行の生涯はこれらの伝説や説話に基づく部分も少なくない。家集『山家集(さんかしゅう)』『聞書(ききがき)集』などのほか、弟子蓮阿(れんあ)(荒木田満良(みつよし))の聞き書きした歌論書『西行上人(しょうにん)談抄』、『宮河歌合』への加判を求めた際の消息文である『定家卿(きょう)に送る文(ふみ)』がある。[久保田淳]
『目崎徳衛著『西行の思想史的研究』(1978・吉川弘文館) ▽久保田淳編『西行全集』全1巻(1982・日本古典文学会) ▽有吉保著『王朝の歌人8 西行』(1985・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さいぎょう サイギャウ【西行】

[1]
[一] 平安末期・鎌倉初期の歌人、僧。俗名佐藤義清(のりきよ)。法名円位。西行は号。鳥羽院下北面の武士として仕えたが、二三歳で出家。陸奥(みちのく)から中国・四国まで行脚(あんぎゃ)するなど生涯にわたって旅が多く、旅の体験を通して自然と心境とを詠み、独自の詠風を築いた。歌集に「山家集(さんかしゅう)」「西行上人集」「聞書集」「聞書残集」、自歌合に「御裳濯河(みもすそがわ)歌合」「宮河歌合」、歌論書に「西行談抄(だんしょう)」がある。「新古今和歌集」には九四首の最多歌数を入集させている。元永元~建久元年(一一一八‐九〇
[二] お伽草子。一冊。作者未詳。歌人の西行が鳥羽院の女院を恋して出家、一人娘の情にほだされながらも別離して、和歌と仏道に励むという物語。室町時代末頃の成立か。
[2] 〘名〙
① (西行法師が諸国を遍歴したところから) 諸方を遍歴すること。また、その人。
② (西行法師のように歩き回るところからかという) アカニシ、タニシなど螺(にし)の類をいう女房詞。〔女中詞(元祿五年)(1692)〕
③ (西行法師の富士見(ふじみ)の絵姿から、「ふじみ」の同音で) 不死身(ふじみ)をしゃれていう語。
浄瑠璃・伊賀越乗掛合羽(1777)般若坂の隠れ家に身代の妙薬「鋸引(のこぎりびき)に摺付けても、ハハハハハおらは西行だはい。ナニ西行とは、ハテふじ身だはやい、切っても切ぬ水男」
④ 「さいぎょうざくら(西行桜)(一)①」の略。
※雑俳・柳多留‐五二(1811)「西行と遊行は春のにしきなり」
⑤ 各地の人夫部屋を渡り歩く者をいう俗語。〔新聞新語辞典(1933)〕

せい‐こう ‥カウ【西行】

〘名〙 西方に行くこと。東行西行の形で用いることが多い。
※菅家後集(903頃)詠楽天北窓三友詩「東行西行雲眇眇、二月三月日遅遅」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

西行
(通称)
さいぎょう

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
軍法富士見西行 など
初演
延享2.2(京・中村粂太郎座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

世界大百科事典内の西行の言及

【佐藤氏】より

…秀郷から数えて6世の孫の左衛門尉公清をはじめとして,その子の季清,孫の康清らがみな左衛門尉になったため,左衛門尉の左と藤原の藤をとって佐藤というようになったという。この一族出身で有名な人に歌人の西行がいる。彼は俗名佐藤義清,はじめはやはり左衛門尉で,鳥羽院の北面の武士であった。…

【山家集】より

西行の家集。3巻。…

【撰集抄】より

…収録説話には仏教的なものが多いが,和歌,漢詩,芸能に関するものもある。本書は長いあいだ西行の著であると信ぜられ,享受されてきた。〈遁世者〉として,〈漂泊の歌人〉としての西行像の形成にはたした役割は大きい。…

【田仲荘】より

…田仲荘の預所佐藤仲清・能清父子が平家の威勢を背景に押領を企てたためであるが,彼らの行動は鎌倉幕府に支持されず,紛争は86年(文治2)をもって終息した。なお《尊卑分脈》の記述を信じれば,仲清の弟は歌人として著名な西行(さいぎよう)(俗名佐藤義清)である。鎌倉時代には田中氏を称する武士がおり,湯浅党の一員となっている。…

【御裳濯河歌合】より

…伊勢の内宮に奉納した西行の自歌合。成立は奥州から帰った1187年(文治3)ころか。…

※「西行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西行の関連情報