コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苗色 なえいろ

色名がわかる辞典の解説

なえいろ【苗色】

色名の一つ。稲の苗のような淡い色をさす伝統色名。萌黄もえぎ色のバリエーションで薄萌黄ともいい、夏の色として平安時代から使われてきた。田んぼ一面に苗が育った夏の晴れ晴れしい感情がうかがえる。これより少し薄い色を若苗色という。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なえ‐いろ〔なへ‐〕【苗色】

染め色の名。薄い萌葱(もえぎ)色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なえいろ【苗色】

染め色の名。薄い緑色。また、萌黄もえぎ色。
かさねの色目の名。表は淡萌黄、裏は黄みのかった淡萌黄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

苗色の関連キーワードバリエーション平安時代ストロー黄み若苗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

苗色の関連情報