苗色(読み)なえいろ

  • なえいろ なへ‥
  • なえいろ〔なへ〕

色名がわかる辞典の解説

色名の一つ。のような淡い色をさす伝統色名。萌黄もえ色のバリエーションで薄萌黄ともいい、夏の色として平安時代から使われてきた。田んぼ一面に苗が育った夏の晴れ晴れしい感情がうかがえる。これより少し薄い色を若苗色という。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 染色の名。薄い萌黄色(もえぎいろ)。また、一説に青の黄ばんだ色。なえ。
※助無智秘抄(1166頃か)「二孟旬〈略〉苗色とは黄気ある青物也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

苗色の関連情報