コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若槻幾斎 わかつき きさい

2件 の用語解説(若槻幾斎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

若槻幾斎

儒者。名は敬、字子寅。京都聖護院に住す。京都角倉氏の属吏。高山彦九郎等と交わる。文政9年(1826)歿、81才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若槻幾斎 わかつき-きさい

1746-1826 江戸時代中期-後期の儒者。
延享3年生まれ。京都角倉(すみのくら)氏につかえたが,辞して聖護院(しょうごいん)村に私塾をひらいた。頼春水らと交遊。文政9年11月26日死去。81歳。名は敬。字(あざな)は子寅。通称は源三郎。別号に畏庵。著作に「畏庵随筆」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone