茂助(読み)もすけ

  • 茂助 もすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1734-? 江戸時代中期の農民。
享保(きょうほう)19年生まれ。常陸(ひたち)茨城郡大橋村の人。25年後に父作右衛門を殺した吉兵衛が,同郡大足(おおだら)村の観音院のとなっているのをつきとめ,明和6年(1769)母つやとともに(かたき)を討つ(明和2年とも)。水戸藩より賞され,年貢1代免除となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android