茂助(読み)もすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茂助 もすけ

1734-? 江戸時代中期の農民。
享保(きょうほう)19年生まれ。常陸(ひたち)茨城郡大橋村の人。25年後に父作右衛門を殺した吉兵衛が,同郡大足(おおだら)村の観音院の僧となっているのをつきとめ,明和6年(1769)母つやとともに仇(かたき)を討つ(明和2年とも)。水戸藩より賞され,年貢1代免除となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茂助の関連情報