茂木びわ(読み)もぎびわ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

茂木びわ[果樹類]
もぎびわ

九州・沖縄地方、長崎県の地域ブランド。
主に長崎市東南部の橘湾沿岸で生産されている。江戸時代後期の天保年間(1830年〜1844年)に三浦シオが唐通詞から枇杷種子を貰い受け、自宅の庭にまいたのが始まり。長崎県を代表する特産品で、その生産量は全国一。長崎のびわは露地栽培が主であるが、最近は寒害を避けるためハウス栽培もおこなわれている。加工品のびわゼリーも人気がある。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android