茂蘭(読み)もらん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茂蘭 もらん

1713-1779 江戸時代中期の僧,俳人。
正徳(しょうとく)3年生まれ。下総(しもうさ)岩部村(千葉県)の日蓮宗大乗寺住職。俳諧(はいかい)は宗瑞門下で,「啄木鳥(きつつき)やが谺(こだま)にふり返り」の作から「啄木鳥の茂蘭」とよばれた。追善集に「きくの笠」。安永8年9月8日死去。67歳。江戸出身。法名は日従。別号に麻衣(あさぎ)山人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android