コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶屋染 ちゃやぞめ

4件 の用語解説(茶屋染の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茶屋染
ちゃやぞめ

模様染の一種。白の麻地に糊置きして防染し,総模様を藍一色で染め上げたもの。部分的に刺繍を施し,まれに黄色を差し加えることもある。江戸時代におもに殿中女性の夏の帷子 (かたびら) として用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゃや‐ぞめ【茶屋染(め)】

麻地に藍を主色とし、糊置(のりお)きの方法を用いて、花鳥・山水などを表す模様染め。寛永(1624~1644)ごろに始められたといわれ、武家女性が夏の帷子(かたびら)に用いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

茶屋染【ちゃやぞめ】

江戸時代の模様染の一種。京都の茶染め屋で染められたのでこの名があるという。白地の晒(さらし)や麻などにおもに藍(あい)の濃淡で楼閣山水,花鳥風月を染めたもの。江戸初期に始まり,天和ごろ最も盛んで,武家女性の帷子(かたびら)に用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃやぞめ【茶屋染】

夏の帷子(かたびら)の染法。寛永(1624‐44)ころ,京都の呉服商茶屋四郎次郎が創案したという。茶屋染は《万金産業袋》(1732)に南京渡の染付陶器のように手を尽くした藍染と記され,《貞丈雑記》に住吉社頭の風景を絵にした葦手(あしで)文様を染めたものとある。楼閣山水文様を藍一色で染めたもので,一部に黄色を用いたものや刺繡を加えたものがある。生地は越後,能登,薩摩などの上質の上布を用いる。染法は生地に型紙を置いてのり(糊)を伏せ,藍瓶(あいがめ)に浸染する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

茶屋染の関連キーワード帷子湯帷子漆紋越後帷子帷子雪具足帷子小帷子渋帷子雀の帷子縮帷子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone