茶屋染(読み)ちゃやぞめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茶屋染
ちゃやぞめ

模様の一種。白の麻地に糊置きして防染し,総模様を藍一色で染め上げたもの。部分的に刺繍を施し,まれに黄色を差し加えることもある。江戸時代におもに殿中女性の夏の帷子 (かたびら) として用いられた。寛永年間 (1624~44) 頃,茶屋宗理が考案したと伝えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

茶屋染【ちゃやぞめ】

江戸時代の模様染の一種。京都の茶染め屋で染められたのでこの名があるという。白地の晒(さらし)や麻などにおもに藍(あい)の濃淡で楼閣山水,花鳥風月を染めたもの。江戸初期に始まり,天和ごろ最も盛んで,武家女性の帷子(かたびら)に用いられた。その後藍地に模様を白抜きにしたり,部分的に刺繍(ししゅう)や鹿の子絞を併用したものが行われ,茶屋辻と呼ばれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃやぞめ【茶屋染】

夏の帷子(かたびら)の染法。寛永(1624‐44)ころ,京都の呉服商茶屋四郎次郎が創案したという。茶屋染は《万金産業袋》(1732)に南京渡の染付陶器のように手を尽くした藍染と記され,《貞丈雑記》に住吉社頭の風景を絵にした葦手(あしで)文様を染めたものとある。楼閣山水文様を藍一色で染めたもので,一部に黄色を用いたものや刺繡を加えたものがある。生地は越後,能登,薩摩などの上質の上布を用いる。染法は生地に型紙を置いてのり(糊)を伏せ,藍瓶(あいがめ)に浸染する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゃや‐ぞめ【茶屋染】

〘名〙 染色法の一つ。白地に濃淡の藍(あい)などで、花鳥・山水などを染め出したもの。江戸時代、主として武家・公家方の女性の間で、夏の帷子(かたびら)に用いた。
※浮世草子・好色三代男(1686)四「茶屋染(ちゃやソメ)のかたびらに黒の帯ひらたく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android