茶瓶前髪(読み)チャビンマエガミ

大辞林 第三版の解説

ちゃびんまえがみ【茶瓶前髪】

前髪を高くし、髷まげと合わせて茶瓶の手のような形にした髪形。文化・文政(1804~1830)頃、上方で中流以上の少年の間で流行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゃびん‐まえがみ ‥まへがみ【茶瓶前髪】

〘名〙 男の髪の結い方の一つ。前髪を高くし、後の髷(まげ)とあわせて茶瓶の手のような形にした髪形。文化・文政(一八〇四‐三〇)ごろ京坂地方に流行した。ちゃびん。
※随筆・守貞漫稿(1837‐53)八「茶瓶前髪 文化文政頃には京坂中以上の市民の息子は前髪を髻結せず甚だ高く又前に押出せり、其形ちゃびんの手に似たるが故に名とす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android