コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶瓶 チャビン

デジタル大辞泉の解説

ちゃ‐びん【茶瓶】

茶を煎(せん)じ出すのに用いるやかん。また、その代用にする釜(かま)や土瓶。
江戸時代、武家の奥方などが遊山に出るとき、茶弁当を入れて持ち運んだ具。また、それを携えて供をした男。
茶瓶前髪(まえがみ)」の略。
茶瓶頭」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃびん【茶瓶】

茶を煎せんじるための土瓶や薬缶やかん
江戸時代、遊山の際に茶道具を入れて持ち運んだ道具。また、それを持った小者。
「茶瓶頭あたま」の略。
「茶瓶前髪まえがみ」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の茶瓶の言及

【きゅうす(急須)】より

…煎茶器の一種。茶瓶,茶注などともいう。小型の土瓶ともいうべきもので,おもに陶磁器であるが金属製のものもある。…

【煎茶道】より

…白泥の素焼のものを最上とする。(3)茶瓶 茶器の中で最も重要視されており,古来もっとも珍重されているのは中国宜興窯の朱泥・紫泥製のものである。急須,茶銚とも呼ばれる。…

※「茶瓶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

茶瓶の関連キーワードきゅうす(急須)やかんなめ禿げ茶瓶茶瓶前髪茶道具やかん茶瓶敷煮え花徳利土瓶小者遊山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茶瓶の関連情報