茹卵(読み)ゆでたまご

精選版 日本国語大辞典「茹卵」の解説

ゆで‐たまご【茹卵】

〘名〙 鶏卵のまま茹でたもの。殻を取り去りなどをつけて食したり、料理の材料にしたりする。女性の白肌のたとえにもいう。うでたまご。
洒落本・当世爰かしこ(1776)「箱入温石とゆで玉子はかきたる橋のたもとにむかひ」

うで‐たまご【茹卵】

〘名〙 ゆでた。ゆでたまご。
※雑俳・柳多留‐五六(1811)「一膳籠でうで卵うで卵」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

NFT

《non-fungible token》複製・偽造の不可能な証明書を付与したデジタルデータ。また、その技術。アート作品など、複製でないことに価値があるものに、それが唯一のデータであることを証明する情報...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android