コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草の縁 クサノユカリ

デジタル大辞泉の解説

くさ‐の‐ゆかり【草の縁】

《「紫のひともとゆゑに武蔵野の草はみながらあはれとぞみる」〈古今・雑上〉による》あるものをいとしく思うために、それにつながる他のものにも情愛を感じること。転じて、何らかの縁でつながるもの。紫のゆかり。
「ねは見ねどあはれとぞ思ふ武蔵野の露わけわぶる―を」〈若紫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くさのゆかり【草の縁】

〔古今 雑上「紫のひともとゆえにむさし野の草はみながらあはれとぞ見る」による〕
あるものに情愛を感ずると、それに縁故のある他のものにまで広く情愛が及ぶこと。転じて、何らかの縁でつながるもの。草の便り。紫のゆかり。 「ねは見ねど哀れとぞ思ふ武蔵野の露分けわぶる-を/源氏 若紫

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

草の縁の関連キーワード草の便り

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android