情愛(読み)じょうあい

精選版 日本国語大辞典「情愛」の解説

じょう‐あい ジャウ‥【情愛】

〘名〙 なさけ。いつくしみ。特に、男女間の愛。
※仮名草子・夫婦宗論物語(1644‐46頃)「嫉妬・ぜうあひ・我痴(がち)・我見・我愛・我慢を払捨」
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉雨の降る日「親子の愛が能く解らないんだよ」 〔王融‐浄住子頌〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「情愛」の解説

じょう‐あい〔ジヤウ‐〕【情愛】

いつくしみ愛する気持ち。深く愛する心。なさけ。愛情。「夫婦の情愛
[類語]愛情愛着情けじょう情合い情味人情人情味温情恩情厚情思いやりいつくしみ慈愛仁愛仁恵仁慈仁心じん慈悲あわれみ哀憐同情

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「情愛」の解説

【情愛】じよう(じやう)あい

愛情。李群玉飯僧 愛にせられ 未だ金仙(仏道)のを盡さず 靜を以て猿心を制するも 將(は)た然(ベつぜん)(ちらりとひらめく)としてるを(おそ)る

字通「情」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android