コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草冠 クサカンムリ

デジタル大辞泉の解説

くさ‐かんむり【草冠】

漢字のの一。「花」「草」「」などの「艹(⺿)」の称。そうこう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くさかんむり【草冠】

漢字の冠の一。「草」「菜」「蒼」などの「艹」。そうこう。 〔常用漢字・人名用漢字では「艹」(三画)、そのほかの漢字では「⺿」(四画)も用いられる。なお、漢和辞典では一般に「艸」(六画)部に配列される〕

そうこう【草冠】

〔「そうかん」の転〕
くさかんむり(草冠) 」に同じ。 「 -や東の門かどに門もんたつて東とうや東ひがしや蘭や蘭あららぎ/洒落本・船頭深話」
の形が「廿」の字に似ていることから〕 二〇歳の異名。 「 -へ首尾よくまたぎ娵河原/柳多留 25

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

草冠の関連キーワードささぼさつハギ(萩)常用漢字漢和辞典柳多留海神祭漢字草頭仮名𦬇

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草冠の関連情報