草庵和歌集(読み)そうあんわかしゅう

精選版 日本国語大辞典「草庵和歌集」の解説

そうあんわかしゅう サウアンワカシフ【草庵和歌集】

南北朝時代の私家集。頓阿(とんあ)作。正編一〇巻は延文四年(一三五九)頃成立。四季・恋・雑などに部立され、約一四〇〇首。続編五巻は貞治五年(一三六六)頃成立。四季・恋・・雑体・連歌に部立され、約六〇〇首。二条派の歌人に尊重された。自選ともいわれる。草庵集

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android