草庵和歌集(読み)そうあんわかしゅう

  • そうあんわかしゅう サウアンワカシフ

精選版 日本国語大辞典の解説

南北朝時代の私家集。頓阿(とんあ)作。正編一〇巻は延文四年(一三五九)頃成立。四季・恋・雑などに部立され、約一四〇〇首。続編五巻は貞治五年(一三六六)頃成立。四季・恋・雑・雑体・連歌に部立され、約六〇〇首。二条派の歌人に尊重された。自選ともいわれる。草庵集。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android