コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草庵集 そうあんしゅう

5件 の用語解説(草庵集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草庵集
そうあんしゅう

南北朝時代の僧頓阿私家集。正編 10巻,続編5巻。約 2000首。正平 14=延文4 (1359) 年頃成立。歌風は平明温和で,古典的傾向が著しく,二条派の典型とされる。室町~江戸時代を通じて尊重され,本居宣長はその注釈書『草庵集玉箒』 (1786) を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そうあんしゅう〔サウアンシフ〕【草庵集】

室町前期の私家集。正編10巻、続編5巻。頓阿(とんあ)作。正編は正平14=延文4年(1359)、続編は正平21=貞治5年(1366)ごろに成立。二条派の歌人に尊ばれた。収録歌数二千余首。草庵和歌集。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

そうあんしゅう【草庵集】

南北朝時代の頓阿の家集。10巻,約1440首。頓阿が1359年(延文4)に,1311年以後の作品から自撰したものとされる。歌風は温雅平明で,集中に多くの歌人が登場し,二条派の重鎮らしさをうかがいうる。後世,二条派歌風の典型と仰がれて流布し,刊行されたり(承応2年(1653)版ほか),《草庵和歌集類題》などが編まれて入門書としても親しまれた。頓阿の家集には,ほかに《続草庵集》《頓阿法師詠》が知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そうあんしゅう【草庵集】

歌集。正編一〇巻、続編五巻。頓阿作。自撰。正編1359年頃成立、続編66年頃成立。正編約一四〇〇首、続編約六〇〇首。平明で温和な調べの歌が多く、二条派の正風として尊重された。草庵和歌集。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草庵集
そうあんしゅう

鎌倉末、南北朝時代の歌僧頓阿(とんあ)の家集。正編10巻、続編五巻。正編は四季、恋、雑(ぞう)、羇旅(きりょ)、哀傷、釈教、神祇(じんぎ)、賀の部立(ぶだて)よりなり、約1400余首を収録。1359年(正平14・延文4)ごろの成立とされる。続編は四季、恋、雑それに雑体と連歌(れんが)の組織で、560首、連歌100句を収録。この歌集の歌は、二条派の伝統である温雅な歌風を具備している。ために、室町時代、江戸時代を通して、二条派の歌風の典型として堂上派歌人たちに尊重され、『草庵集蒙求諺解(もうぎゅうげんかい)』(香川宣阿(せんあ))、『草庵集玉箒(たまははき)』(本居宣長(もとおりのりなが))などはじめ、多数の注釈書が刊行されている。[稲田利徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草庵集の関連キーワード頓阿兼好和歌四天王仮名文字遣近来風体抄愚問賢注吉野朝時代邦省親王家少将周嗣良阿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone