コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草庵茶室 そうあんちゃしつ

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

そうあんちゃしつ【草庵茶室】

草庵➀風情を取り入れた簡素な茶室。室内の広さが四畳半以下の小さな建物で、草葺(ぶ)きの屋根・土壁下地窓躙(にじ)り口などが特徴。千利休(せんのりきゅう)がこの形式を完成させたとされ、茶室というと草庵茶室をいうことが多い。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内の草庵茶室の言及

【茶室】より

…元来書院は〈台子〉の茶を原則としたが,のちに炉が切られるようになった。草庵茶室の外観は,いかつさをあらわさないよう軽快でつつましい姿に形づくられる。
[庇]
 小建築でありながら,概して単一の屋根で覆われることは少なく,主体となる屋根に庇が組み合わされ,変化に富む屋根を構成する場合が多い。…

※「草庵茶室」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

草庵茶室の関連キーワード茶室一覧不審庵小座敷躙り口如庵待庵露地地窓

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android