コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下地窓/助枝窓 シタジマド

3件 の用語解説(下地窓/助枝窓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

したじ‐まど〔したヂ‐〕【下地窓/助枝窓】

壁下地の竹または葦(あし)をそのままにした窓。多く茶室に用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

したじまど【下地窓】

土壁の一部を塗り残して壁下地木舞(こまい))を露出させた窓。もとは民家などで使われていたが、茶室数寄屋造りなどに取り入れられ、広く用いられるようになった。その内側に障子を掛ける場合もある。◇「塗りさし窓」「塗り残し窓」「かきさし窓」などともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下地窓
したじまど

日本の和風建築における窓の一種。農家の土間にみられるような土壁の一部を塗り上げずに、壁下の小舞(こまい)をそのまま現した窓。「塗り残し窓」「塗りさし窓」「掻(か)きさし窓」ともいい、円形または方形にあけられたものがある。千利休(せんのりきゅう)がこれを数寄屋(すきや)に採用してから、本来は素朴な下地窓が、意匠を主にした多彩なものになった。
 数寄屋の下地窓は、窓内に現れる下地の小舞を、実際の壁下地とは別につくっており、小舞には割竹、篠(しの)竹、錆(さび)竹、煤(すす)竹などや、ヨシやハギを用いて藤(ふじ)づるを巻き付ける。小舞の間隔も疎にしたり密にしたり、また一部配列を変えたりして趣向を凝らすことが多い。[工藤圭章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の下地窓/助枝窓の言及

【茶室】より

…柱は丸太を通例とし,壁は土壁で,柱の見える真壁(しんかべ)構造である。壁面には壁を塗り残した下地(したじ)窓や連子(れんじ)窓があけられる。
[間取り]
 茶室の構造の基本は間取りであり,間取りによってほぼその茶室の構成や持味を推しはかることができる。…

【窓】より

…開閉方式により,引違い窓,上げ下げ窓,回転窓,開き窓,開閉のできない嵌(はめ)殺し窓などに分けられる。構造形式によっては,網窓,縁なし窓,格子窓,連子(れんじ)窓,無双窓,武者窓,下地窓などに分類され,建具を重ねた二重窓,三重窓もある。また作者に由来するものに,織部窓がある。…

※「下地窓/助枝窓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

下地窓/助枝窓の関連キーワード荒打ち大津壁壁下地木舞壁木舞貫土壁荒壁木舞木舞掻き塗下地

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone