コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下地窓/助枝窓 シタジマド

デジタル大辞泉の解説

したじ‐まど〔したヂ‐〕【下地窓/助枝窓】

壁下地の竹または(あし)をそのままにした。多く茶室に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

したじまど【下地窓】

土壁の一部を塗り残して壁下地木舞(こまい))を露出させた窓。もとは民家などで使われていたが、茶室数寄屋造りなどに取り入れられ、広く用いられるようになった。その内側に障子を掛ける場合もある。◇「塗りさし窓」「塗り残し窓」「かきさし窓」などともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下地窓
したじまど

日本の和風建築における窓の一種。農家の土間にみられるような土壁の一部を塗り上げずに、壁下の小舞(こまい)をそのまま現した窓。「塗り残し窓」「塗りさし窓」「掻(か)きさし窓」ともいい、円形または方形にあけられたものがある。千利休(せんのりきゅう)がこれを数寄屋(すきや)に採用してから、本来は素朴な下地窓が、意匠を主にした多彩なものになった。
 数寄屋の下地窓は、窓内に現れる下地の小舞を、実際の壁下地とは別につくっており、小舞には割竹、篠(しの)竹、錆(さび)竹、煤(すす)竹などや、ヨシやハギを用いて藤(ふじ)づるを巻き付ける。小舞の間隔も疎にしたり密にしたり、また一部配列を変えたりして趣向を凝らすことが多い。[工藤圭章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の下地窓/助枝窓の言及

【茶室】より

…柱は丸太を通例とし,壁は土壁で,柱の見える真壁(しんかべ)構造である。壁面には壁を塗り残した下地(したじ)窓や連子(れんじ)窓があけられる。
[間取り]
 茶室の構造の基本は間取りであり,間取りによってほぼその茶室の構成や持味を推しはかることができる。…

【窓】より

…開閉方式により,引違い窓,上げ下げ窓,回転窓,開き窓,開閉のできない嵌(はめ)殺し窓などに分けられる。構造形式によっては,網窓,縁なし窓,格子窓,連子(れんじ)窓,無双窓,武者窓,下地窓などに分類され,建具を重ねた二重窓,三重窓もある。また作者に由来するものに,織部窓がある。…

※「下地窓/助枝窓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

下地窓/助枝窓の関連キーワード菅田庵(かんでんあん)掛け障子・掛障子桝床の席恵観山荘草庵茶室数寄屋造澱看の席大和掻き松琴亭桂離宮月波楼掛障子山雲床織部窓木舞待庵又隠力竹

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android