コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荊冠 ケイカン

3件 の用語解説(荊冠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けい‐かん〔‐クワン〕【×荊冠】

キリスト十字架にかけられた時にかぶせられた、荊(いばら)の冠。また、受難のたとえ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荊冠
けいかん

イバラ(荊)でつくった冠。イエス・キリストマリアの兄弟のラザロを死からよみがえらせるなど、数々の奇跡を行って多くのユダヤ人の信者を得たのを危険視され、過越祭(すぎこしのまつり)の前夜、パリサイ人によってゲツセマネの園(その)でとらえられ、ローマ総督ピラトの前で十字架にかけられることを宣告された。翌朝、イエスは十字架を背負い、イバラの冠をかぶってゴルゴタの丘まで歩かされ、そこで処刑された。このイエスの故事にちなんで、受難の意に用いられる。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荊冠の関連情報