コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荊冠 ケイカン

大辞林 第三版の解説

けいかん【荊冠】

いばらの冠。イエスが十字架にかけられた時かぶせられたことから、受難をたとえる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荊冠
けいかん

イバラ(荊)でつくった冠。イエス・キリストがマリアの兄弟のラザロを死からよみがえらせるなど、数々の奇跡を行って多くのユダヤ人の信者を得たのを危険視され、過越祭(すぎこしのまつり)の前夜、パリサイ人によってゲツセマネの園(その)でとらえられ、ローマ総督ピラトの前で十字架にかけられることを宣告された。翌朝、イエスは十字架を背負い、イバラの冠をかぶってゴルゴタの丘まで歩かされ、そこで処刑された。このイエスの故事にちなんで、受難の意に用いられる。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

荊冠の関連キーワード揭・京・係・傾・兄・刑・勁・卿・啓・圭・型・境・契・形・径・徑・恵・惠・慧・慶・憩・憬・掲・携・敬・景・桂・渓・溪・炯・珪・畦・痙・稽・競・系・経・經・継・繋・繫・繼・罫・脛・茎・荊・莖・蛍・螢・計・詣・警・軽・輕・閨・頃・頸・鶏・鷄サザランド(Graham Sutherland)全国水平社/綱領・宣言・決議サントシャペル寺院ティツィアーノ小山 紋太郎野見山 朱鳥野本 武一西口 敏夫野見山朱鳥西光万吉西口敏夫イバラ茨の冠岡映

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android