荊蟹(読み)イバラガニ

デジタル大辞泉の解説

いばら‐がに【××蟹】

タラバガニ科のカニ。ヤドカリの仲間で、甲幅約15センチ、両脚を伸ばすと1メートルにもなる。タラバガニに似るが、体表のとげは長大で少ない。日本特産で、相模湾から土佐湾にかけての海底に生息。食用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

荊蟹 (イバラガニ)

学名:Lithodes turritus
動物。タラバガニ科のカニ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いばら‐がに【荊蟹】

〘名〙
① タラバガニ科の大形のカニ。相模湾から東シナ海にかけて分布し、三〇〇~八〇〇メートルの海底にすむ。タラバガニに似るが、脚が細長く、とげが少ない。甲は長さ約二〇センチメートルの丸みをもった洋梨形で、額部に一本の長い突起があるほか、二十数本の大きなとげが甲のまわりにある。はさみ脚は右が大きく、脚を伸ばすと一メートルにもなる。肉は食用。
② 「たらばがに(鱈場蟹)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android