荒井静野(読み)あらい しずの

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「荒井静野」の解説

荒井静野 あらい-しずの

1793-1868 江戸時代後期の国学者。
寛政5年生まれ。生家は代々上野(こうずけ)(群馬県)で木綿問屋,酒造業をいとなみ,町年寄。本居大平(もとおり-おおひら),平田篤胤(あつたね)にまなぶ。生田万(よろず)とも親交があった。慶応4年4月11日死去。76歳。名は真清。通称は政吉,のち峰次郎,静右衛門。別号に草蔭屋。著作に「上野神名帳」「新撰上野国志」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android