荒木 古童(初代)(読み)アラキ コドウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

荒木 古童(初代)
アラキ コドウ


職業
尺八奏者

本名
荒木 半三郎

別名
別号=梅旭,竹翁

生年月日
文政6年

出生地
近江国(滋賀県)

経歴
近江水口藩士の子として生まれる。早くから一閑流の横田五柳に師事して尺八を習い、のち虚無僧となって各地を流浪。やがて琴古流尺八の名手豊田古童に入門、その技芸を受け継ぎ、師の没後、29歳で古童の号を襲名した。さらに久松風陽のもと尺八の本曲で修業。明治4年に虚無僧の普化宗が廃止されたのち尺八界に混乱が起こると、同じく風陽門下の吉田一調と共に尺八の復興に尽力。箏・三味線との三曲合奏を創始したほか、楽器の改良・地歌の尺八譜作成などを行い、その楽器としての価値を高めた。29年長男の真之介に古童の名を譲り、以後は竹翁を名乗る。また、上原六四郎・川瀬順輔(初代)・三浦琴童らすぐれた門下を育て、尺八中興の祖と呼ばれる。

没年月日
明治41年 1月17日 (1908年)

家族
長男=荒木 古童(2代目)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android