コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木月畝 あらき げっぽ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木月畝 あらき-げっぽ

1872-1934 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治5年2月生まれ。荒木寛畝(かんぽ)にまなび,花鳥画を得意とした。明治34年日本美術協会で1等賞をうけた「水辺草花」は宮中におさめられた。白光社を主宰。昭和9年11月18日死去。63歳。栃木県出身。本名は米子。作品はほかに「芙蓉鴫」「月桂菊花」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

荒木月畝の関連キーワード清水宏島津保次郎日本郵便制度史(年表)伊藤大輔村田実山本嘉次郎伊丹万作稲垣浩衣笠貞之助シュペーア

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android