コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木寛畝 あらき かんぽ

デジタル大辞泉の解説

あらき‐かんぽ〔‐クワンポ〕【荒木寛畝】

[1831~1915]日本画家。江戸の生まれ。文晁(ぶんちょう)派、のちには洋画を学び、写実的花鳥画を得意とした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

荒木寛畝【あらきかんぽ】

日本画家。江戸生れ。旧姓田中。文晁派(谷文晁)の荒木寛快の養子となり,一時油絵を川上冬崖に学ぶ。洋画の技法を加味した精緻(せいち)な描写で新しい花鳥画を試みた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木寛畝 あらき-かんぽ

1831-1915 幕末-大正時代の日本画家。
天保(てんぽう)2年6月16日生まれ。荒木寛快に師事し,その養子となる。花鳥画を得意とし,安政3年土佐高知藩主山内豊信(とよしげ)の絵師となる。維新後,一時洋画を川上冬崖(とうがい)らにまなぶ。明治31年東京美術学校(現東京芸大)教授。帝室技芸員。大正4年6月2日死去。85歳。江戸出身。本姓は田中。幼名は光三郎。名は吉。別号に達庵。代表作に「孔雀(くじゃく)図」「菊花図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

荒木寛畝

没年:大正4.6.2(1915)
生年天保2.6.16(1831.7.24)
明治期の日本画家。江戸芝赤羽生まれ。旧姓田中,名は吉,幼名光三郎,別号達庵。天保10(1839)年谷文晁系の荒木寛快に入門し,のちその養子となった。安政6(1859)年土佐藩の絵師となるが,維新後,洋画に転向し川上冬崖らに学ぶ。しかし再び日本画に復帰。明治20(1887)年設立の日本美術協会の重鎮として活躍し,31年東京美術学校(東京芸大)教授,33年帝室技芸員となる。また33年パリ万博で銀賞,37年セントルイス万博で2等賞を受賞。南北合派に洋風を加味した花鳥画を得意とした。代表作「孔雀図」(1890,宮内庁蔵)など。門下生によって読画会が組織された。

(佐藤道信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あらきかんぽ【荒木寛畝】

1831~1915) 日本画家。江戸生まれ。本姓、田中、名は吉。文晁派を学ぶ。帝室技芸員。美校教授。一時期学んだ洋画の技法を伝統的な花鳥画に生かし、当時の画壇に重きをなした。代表作「孔雀図」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荒木寛畝
あらきかんぽ

[生]天保2(1831).6. 江戸
[没]1915.6.3. 東京
日本画家。本姓は田中,名は吉,号は達菴。9歳で荒木寛快に師事し,22歳で師の養子となった。安政6 (1859) 年山内容堂に請われて土佐藩絵師をつとめた。洋画を川上冬崖に学び,一時は五姓田芳柳高橋由一らと並称されたが,再び日本画を描くようになり,各種展覧会に出品して受賞。帝室技芸員,東京美術学校教授,東京女子高等師範学校教授,文展審査員となった。主要作品『雨中双鶏図』 (東京国立博物館) ,『芦辺遊鴨図』 (同) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒木寛畝
あらきかんぽ
(1831―1915)

日本画家。江戸に生まれる。荒木寛快に師事して文晁(ぶんちょう)派を学び、その養子になった。山内容堂(やまうちようどう)に認められ、絵師として土佐藩に仕えたこともある。一時洋画を学んだが日本画に戻り、1873年(明治6)ウィーン万国博覧会で『菊花図』が受賞した。1898年東京美術学校教授、1899年帝室技芸員。1907年(明治40)に開設された文展でも審査委員を務め、また私塾読画塾を開いて後進の育成にもあたった。洋風の写実技法を取り入れた花鳥画を得意とし、代表作に『孔雀(くじゃく)之図』(1890)がある。[原田 実]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

荒木寛畝の関連キーワード荒木 十畝渡辺 晨畝永田 春水小村 雪岱江森 天寿池上 秀畝西沢 笛畝野村 文挙荒木 月畝大正時代江森天寿野村文挙広瀬東畝渡辺晨畝根本雪篷西松秋畝西沢笛畝池上秀畝荒木十畝永田春水

荒木寛畝の関連情報