コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘田琳庵 しょうだ りんあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荘田琳庵 しょうだ-りんあん

1639-1674 江戸時代前期の儒者。
寛永16年生まれ。武蔵(むさし)の人。谷一斎にまなび,丹波亀山藩(京都府)の侍講となる。藩主松平忠晴の死後,藩内の抗争に敗れ延宝2年10月刑死。36歳。名は静。字(あざな)は子黙。通称は万右衛門。著作に「獄吏問答」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

荘田琳庵の関連キーワード南学伝儒者

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android