コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘門霞亭 しょうもん かてい

美術人名辞典の解説

荘門霞亭

江戸後期の丹後田辺藩士。京都生。名は響、字は子原、通称は清衛門。書を能くし、褚河南・趙子昴の法を習得していた。万延元年(1860)歿、65才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荘門霞亭 しょうもん-かてい

1796-1860 江戸時代後期の儒者。
寛政8年生まれ。丹後(京都府)田辺藩士。江戸でまなび,のち京都にすむ。書をよくした。万延元年8月28日死去。65歳。名は文響。字(あざな)は子原。通称は制右衛門。別号に鴎波居士。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

荘門霞亭の関連キーワード儒者