コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘門霞亭 しょうもん かてい

2件 の用語解説(荘門霞亭の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

荘門霞亭

江戸後期の丹後田辺藩士。京都生。名は響、字は子原、通称は清衛門。書を能くし、褚河南・趙子昴の法を習得していた。万延元年(1860)歿、65才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荘門霞亭 しょうもん-かてい

1796-1860 江戸時代後期の儒者。
寛政8年生まれ。丹後(京都府)田辺藩士。江戸でまなび,のち京都にすむ。書をよくした。万延元年8月28日死去。65歳。名は文響。字(あざな)は子原。通称は制右衛門。別号に鴎波居士。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

荘門霞亭の関連キーワード新井静斎新井稲亭伊藤板渓井上富蔵蒲田多門五井鶴城小南栗斎佐藤東斎菅新菴門司東里