荻原浜子(読み)おぎわら はまこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻原浜子 おぎわら-はまこ

1881-1937 大正-昭和時代前期の箏曲(そうきょく)家。
明治14年1月30日生まれ。7歳で大出勾当(こうとう)に,さらに鈴木鼓村にまなび,京極流朱絃舎と称し指導した。箏曲と舞踊をむすびつけた先覚者。「浦島」「擣衣(きぬた)」「惜春賦」などを作曲し弾奏。「組曲譜箏曲大意抄」を自己考案による楽譜になおした。昭和12年3月5日死去。57歳。神奈川県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android