擣衣/搗衣(読み)トウイ

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐い タウ‥【擣衣】

〘名〙 布帛をしなやかにし、つやを出すために、きぬたにのせて槌でうつこと。とうえ。《季・秋》
※経国集(827)一三・奉和搗衣引〈巨勢識人〉「擣衣罷華裁初繊、四阿向暁風蕭踈」 〔謝朓‐秋夜詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の擣衣/搗衣の言及

【砧】より

…その音が遠く近くひびく詩情をよんだ歌や俳句が多い。砧はもともと中国から伝わったもので,中国では擣衣(とうい)といい,古くから詩にうたわれている。朝鮮では夏,洗濯した衣類にのりをつけて艶出しをするのに現代も行われ,石の上で両手に棒を持ってたたく。…

※「擣衣/搗衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android