コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦島 うらしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浦島
うらしま

歌舞伎舞踊曲。長唄。本名題『拙筆力七以呂波 (にじりがきななついろは) 』。七変化の一つ。文政 11 (1828) 年江戸中村座,2世中村芝翫 (4世中村歌右衛門) 初演。作曲杵屋正六 (添削4世杵屋三郎助) ,振付4世西川扇蔵ほか。浦島太郎乙姫との思い出を胸にいだきつつ踊り狂い,のちに玉手箱を開け白髪の老人となって舞う。狂乱物風の二枚扇の振りがすぐれる。船唄の美しい旋律で,三下りから二上り転調。同じ浦島伝説を扱ったものに,のちの『新曲浦島』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うらしま【浦島】

浦島太郎のこと。
謡曲脇能物宝生流番外曲。勅使が丹後水の江の浦島明神にもうでると、明神・竜神が現れ、不死の薬を与える。
狂言大蔵和泉(いずみ)流番外曲。釣った亀を祖父と孫が助けると、亀の精が現れ、箱を置いていく。箱を開くと祖父は若い男になる。
歌舞伎舞踊長唄。2世瀬川如皐(せがわじょこう)作詩、4世杵屋三郎助(きねやさぶろうすけ)作曲。七変化「拙筆力七以呂波(にじりがきななついろは)」の一つとして、文政11年(1828)江戸中村座で中村芝翫(なかむらしかん)が初演。

うらしま[深海巡航探査機]

日本の海洋研究開発機構が所有する自律型の深海巡航探査機。平成10年(1998)より開発開始。母船とケーブルで接続されず、搭載した蓄電池または燃料電池を動力源とする。慣性航法および音響による位置検出を行い、障害物を回避したり、各種データを取得したりできる。最大使用深度は3500メートル。平成17年(2005)、巡航探査機としては世界最長の317キロメートルに及ぶ全自動長距離航行に成功した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うらしま【浦島】

(1)能の曲名。脇能物。神物。非現行演目。作者不明。宮増(みやます)作ともいう。前ジテ萊の仙女の化身。後ジテは浦島明神の神霊。浦島明神参拝の勅命を受けた廷臣(ワキ)が,丹後の水江(みずのえ)に赴く。釣り舟を操る若い女に言葉をかけると,舟で明神に案内してくれる。女は,〈明けて悔しい玉手箱,明けてうれしい天の岩戸〉などという話をして(〈クセ〉),自分は実は蓬萊の仙女だと告げて消え去る。夜に入ると仙女が本来の姿を見せて,舞を舞い(〈天女ノ舞〉),竜神が蓬萊山を指し示し,明神もいかめしい老体の神姿を現して玉手箱を勅使に見せ,不死の薬を与えなどする(〈ノリ地〉)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うらしま【浦島】

海産の巻貝。螺塔らとうは低く、殻長6センチメートル 内外。殻表は淡い肉色で、茶色の小斑が四列並ぶ。房総以南に分布。

うらしま【浦島】

○浦島の子 」に同じ。
浦島伝説に取材した作品。謡曲・狂言・歌舞伎所作事など。
◇ 京都府与謝郡伊根町付近の古名。浦島をまつる宇良神社がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浦島
うらしま

歌舞伎(かぶき)舞踊。長唄(ながうた)。2世瀬川如皐(じょこう)作詞。10世杵屋(きねや)六左衛門(当時杵屋三郎助)作曲。1828年(文政11)3月江戸中村座で4世中村歌右衛門(うたえもん)(当時芝翫(しかん))が初演した『拙筆力七以呂波(にじりがきななついろは)』という七変化舞踊の一つ。浦島太郎の伝説に取材したもので、竜宮から帰った浦島が玉手箱をあけて老人になるまでを描く。大海原の気分と幻想的な感じがよく出た曲で、振としては乙姫(おとひめ)を思い起こすところが眼目。なお、坪内逍遙(しょうよう)作の『新曲(しんきょく)浦島』に対し、これを「旧(きゅう)浦島」または「旧浦」と俗称する。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

浦島 (ウラシマ)

動物。

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

浦島の関連キーワード京都府与謝郡伊根町本庄浜香川県三豊市詫間町積京都府与謝郡伊根町開けて悔しき玉手箱開けて悔しい玉手箱続浦島子伝記浦島エコロー鴛鴦の契りリュウグウウラタロス伊余部馬養荘内半島耳を潰す水中の玉面面捌き言葉の針日本昔噺新舞踊劇浦島説話神婚説話

浦島の関連情報