コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻田常三郎 おぎた つねさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻田常三郎 おぎた-つねさぶろう

1890-1915 大正時代の飛行家。
明治23年生まれ。同志社中学を中退し,志願兵として陸軍少尉となる。除隊後の大正2年,飛行術をまなぶためフランスにわたる。帰国後,兵庫県鳴尾の飛行競技会に参加し好成績をあげる。東京-大阪間の懸賞飛行の練習中,大正4年1月3日京都稲荷山付近で墜落して同乗の大橋繁治とともに死亡。26歳。滋賀県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

荻田常三郎の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android