コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻田常三郎 おぎた つねさぶろう

1件 の用語解説(荻田常三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻田常三郎 おぎた-つねさぶろう

1890-1915 大正時代の飛行家。
明治23年生まれ。同志社中学を中退し,志願兵として陸軍少尉となる。除隊後の大正2年,飛行術をまなぶためフランスにわたる。帰国後,兵庫県鳴尾の飛行競技会に参加し好成績をあげる。東京-大阪間の懸賞飛行の練習中,大正4年1月3日京都稲荷山付近で墜落して同乗の大橋繁治とともに死亡。26歳。滋賀県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

荻田常三郎の関連キーワード櫛引弓人滋野清武武石浩玻武市正俊玉井清太郎西原小まつ兵頭精藤縄英一山中忠雄竜あさの

荻田常三郎の関連情報