コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻野=クナウス学説 おぎの=クナウスがくせつOgino-Knaus theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荻野=クナウス学説
おぎの=クナウスがくせつ
Ogino-Knaus theory

産婦人科医荻野久作とドイツの H.クナウスが別々に発表した学説で,排卵は,月経周期の長短に関係なく,次回予定月経開始日の前から 14±2日目に最も起りやすいというもの。ヒトの黄体の寿命が 14±2日間であることと同じ意味をもつ。この学説を利用した避妊法オギノ式,周期法,定期禁欲法などといい,次回予定月経開始日の前日から数えて 11~19日目の間は禁欲するか,避妊用の器具,薬品を用いる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

荻野=クナウス学説の関連キーワード受胎調節

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android