荻野信道(読み)おぎの のぶみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻野信道 おぎの-のぶみち

1792-1866 江戸時代後期の医師。
寛政4年生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)大洲藩の荻野流砲術師範であった父の跡をついだが,のちに故あって医を業として名声をえた。慶応2年10月22日死去。75歳。通称は隼馬。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android