荻野信道(読み)おぎの のぶみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻野信道 おぎの-のぶみち

1792-1866 江戸時代後期の医師。
寛政4年生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)大洲藩の荻野流砲術師範であった父の跡をついだが,のちに故あって医を業として名声をえた。慶応2年10月22日死去。75歳。通称は隼馬。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android