コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大洲藩 おおずはん

3件 の用語解説(大洲藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大洲藩
おおずはん

江戸時代,伊予国 (愛媛県) 喜多郡大洲地方におかれた藩。池田秀氏2万石が関ヶ原の戦いで西軍に属したため除封され,脇坂安治が淡路 (兵庫県) 洲本より5万 3500石で転入する。元和3 (1617) 年脇坂氏は信濃 (長野県) 飯田へ転出し,伯耆 (鳥取県) 米子より加藤貞泰6万石が転入する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典の解説

おおずはん【大洲藩】

江戸時代伊予(いよ)国喜多郡大洲(現、愛媛県大洲市)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は止善書院明倫堂(しぜんしょいんめいりんどう)。藤堂高虎(とうどうたかとら)伊勢(いせ)国津藩に転封(てんぽう)(国替(くにがえ))となったあと、1609年(慶長(けいちょう)14)に脇坂安治(わきさかやすはる)が5万3000石で入封して立藩。脇坂氏父子のあと、17年(元和(げんな)3)に加藤貞泰(さだやす)が伯耆(ほうき)国米子藩から6万石で入封、以後加藤氏が13代にわたって明治維新まで治めた。23年に支藩の新谷(にいや)藩1万石が成立。大洲藩は好学の藩風で知られ、陽明学者の中江藤樹(なかえとうじゅ)は当藩出身。また勤王(きんのう)の気風が高く、幕末には勤王派の代表的な藩として全国的に知られた。1867年(慶応(けいおう)3)に藩所有の蒸気船「いろは丸」を坂本竜馬(さかもとりょうま)らの海援隊(かいえんたい)に貸与したのは有名。藩軍を御所の警備に当たらせたほか、戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍に加わって奥羽へも転戦。71年(明治4)の廃藩置県で大洲県となり、その後、宇和島県、神山(かみやま)県を経て、73年愛媛県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大洲藩
おおずはん

伊予国(愛媛県)の中西部、肱(ひじ)川が貫流する大洲盆地を中心とする外様(とざま)藩。藤堂高虎(とうどうたかとら)、脇坂安治(わきざかやすはる)・安元(やすもと)父子の後を受け、1617年(元和3)伯耆(ほうき)国(鳥取県)米子(よなご)から加藤貞泰(さだやす)が6万石を得て就封、13代約250余年間続いて明治維新に及んだ。1623年新谷(にいや)藩1万石を分知し、実質5万石ながら6万石の格式で遇された。1635年(寛永12)風早(かざはや)郡、桑村(くわむら)郡の飛地(とびち)を松山藩と交換して所領を喜多(きた)、伊予、浮穴(うけな)の3郡にまとめることができ、新領を「御替地(おかえち)」とよんだ。1658年(万治1)御替地漁民が松山藩領松前(まさき)漁民と漁場論争を起こしたが、土佐藩主の調停で事なきを得た。1750年(寛延3)内ノ子(うちのこ)騒動とよばれる大規模な農民一揆(いっき)が勃発(ぼっぱつ)したが、新谷藩と寺院の調停で1人の犠牲者も出さず農民の願いが達せられた。陽明学者中江藤樹が若き日に仕えたこの藩は好学の藩風で知られ、藩校止善(しぜん)書院明倫堂や常磐井(ときわい)家の私塾古学堂(こがくどう)が人材を出した。[伊藤義一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大洲藩の関連キーワード伊予砥伊予染伊予柾紙伊予蝋伊予緋かぶ愛媛県喜多郡内子町五百木愛媛県喜多郡愛媛県大洲市喜多山愛媛県喜多郡内子町平岡信吉

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大洲藩の関連情報